AppGuardについて

AppGuardの理念

“システムの正しい動作と機能を衛ります”

AppGuardは、ネットにつながる全てのコネクテッド・システムをサイバー攻撃から衛り、またネット上での“信頼”を確保しプライバシー保護を基に、皆様に「安心」と「安全」を提供致します。

AppGuardテクノロジ・フレームワークは、あらゆるデバイスやOSへのポータビリティがあります。サーバー、パソコン、スマートフォン、コネクテッドカー、IOTデバイス等々、全てのシステムの正しい動作と機能を衛ります。

革新的なAppGuardテクノロジー

 

米国の政府機関での長年の実績があり、過去3年連続でGSN(Global Security News) Homeland Security Awardを受賞しました。

また、アメリカ陸軍のNETCOM (The U.S. Army Network Enterprise Technology Command)よりCertificate of Networthiness (CoN)の認証を取得しています。

※CoN認証は「AppGuard」が米国陸軍並びにアメリカ国防省 (Department of Defense) の高水準なセキュリティ・スタンダードを満たしたことを示します。

AppGuardセキュリティフレームワーク

appguard-isolation-technology

"防御"

「軽量」でシステムを防御する「新概念」

不正行為を完全遮断・阻止し、脅威より衛る

appguard-trustica-technology

"安全と信頼"

「高速」でつながりの「安全性」を確保

強固なAttestation技術、暗号化、認証による「つながり」の立証

appguard-anonymousid-technology

"安心"

「プライバシー」情報を保護し「安心」を担保

プライバシーを保護しつつ、安全な通信を可能にする強固な認証技術

AppGuardテクノロジーのコア技術

 

2つの特許技術

1.Trusted Enclaves: コンピューターシステムの「プロセス隔離技術」に関する特許技術

Trusted Enclaves (#7,712,143):  A trusted enclave for a software system of a computer node provides relatively high assurance protection of a section of the software system.  The trusted enclave attempts to stop malware from compromising parts of the software system within the trusted enclave.  If a software system process outside the trusted enclave becomes compromised, the process may be prevented from further compromising software system resources within the trusted enclave.

2.Trustable Communities: 「セキュリティ依存関係」をもつソフトウエアコンポーネント管理に関する特許技術

Trustable Communities (#7,809,955):  A trustable community for a computer system includes multiple software components that have security interdependence. Attempts to stop malware from compromising one software component within the community by conditioning operation of the software component upon a determination of present trustworthiness of itself and other software components with the community. Present trustworthiness may be determined through hash checks and application of community rules defining conditions under which software components are trustworthy

 

AppGuard Enterprise

appguard-enterprise

AppGuardは、未知のウイルス、ボットネット、ファイルレス・マルウェア、武装化したドキュメント、ゼロデイ・マルウェア、フィッシング、ランサムウェア、ドライブ・バイ・ダウンロード、水飲み場攻撃など、従来の「検知型」のアプローチでは、検出されないサイバーセキュリティの脅威を未然に阻止します。この独自のマルチレイヤー侵害防止プラットフォームは、攻撃の初期段階でマルウェアの不正な行為を未然に阻止し、重要なシステムの侵害を防ぎます。AppGuard Enterpriseは現在のすべてのWindowsバージョンと互換性があり、規模に合わせて簡単に導入でき、継続的な更新を必要としませんので、ユーザーの生産性に支障をきたすこともありません。管理システムでは、企業毎のポリシーの実装、および制御が可能です。エンドポイントにおける防御のログを出力することもできます。

Safety for the Connected World

 

日本発 グローバル・サイバーセキュリティ企業を目指す

 

appguard-connected-world-image

外部脅威からの防御、安全そして安心の確立により、ネットにつながる全ての「モノ」に安全を提供します。

appguard-connected-world-require

セキュリティ( by Isolation Technology

AppGuardは、システムの原理・原則の部分で不正行為そのものを阻止する仕組みです。従来の「検知型」が100%守りきることができなかった巧妙な最新のサイバー攻撃からもシステムを守ります。

安全 ( by TRUSTICA Technology

AppGuardは、最新のAttestation技術により、高速に「つながり」の確かな信頼を立証します。AppGuardは、従来の暗号化や認証技術に加え、Attestationによるコネクテッド・システムの完全な信頼関係の立証を行います。

安心  ( by AnonymousID Technology

AppGuardでは、個人が自律的にプライバシー情報を管理できます。プライバシー情報を公開しない秘匿認証を可能とし、プライバシー情報の流出を防ぎ、個人情報を守ります。