HOME > SOLUTION > AppGuard > AppGuard SBE

AppGuard SBE

規模が小さいから狙われない?

アンチウィルスもUTMも導入済だから大丈夫?

セキュリティ対策にはコストがかかる...

人材不足で導入に工数をかけられない...

規模が小さいから狙われない?

サイバー攻撃はビジネスにネガティブなインパクトをもたらしますがサイバー攻撃の怖さは当事者でなければ実感しにくいのも事実です。現実世界における脅威の様にメディア等を通してイメージできるものと違って、その実態が見えにくいのがサイバー空間における脅威です。しかし、当事者になるということは自組織のビジネスそのものが停滞する経営リスクとして対峙することを意味します。

※日本損害保険協会による調査

様々な情報や取引などビジネスが電子化されるようになってから、犯罪現場は物理空間からサイバー空間へと移り、機密情報や金銭を狙う犯罪が多く報告されています。サイバーセキュリティにまつわる製品・サービスも進化し、大手企業の多くはサイバー攻撃のリスクを避けるため、セキュリティ人材・対策に投資しており犯罪者の侵入を困難にさせています。そこで犯罪者は本命企業と取引実績のある中小企業に目を付けました。別の入口から侵入、踏み台として本命の大手企業に攻撃をしかけます。つまり自社が被害を受けたにも関わらず、その被害が他企業にも波及してしまうことで、取引先や社会的信用を失いかねません。

いまのセキュリティ対策だけで十分ですか?

いまや一人に一台のパソコンが支給され業務が行われている時代となりました。パソコン端末=エンドポイントは数も圧倒的で犯罪者に直接狙われやすい場といわれます。UTMなどでネットワークの入口を防御しても、犯罪者はメールやウェブサイトなどを通じ、あらゆる手法で攻撃をしかけてきます。犯罪者の手口は巧妙化を増し、アンチウィルスでは防ぎきれない未知のマルウェアや脆弱性をついた攻撃も多発しています。
端末の軽量化や近年進められている働き方改革により、端末を社外で利用する機会も多くなり社内・社外問わずパソコン端末を安全に保持するセキュリティが求められています。

AppGuard Small Business Editionの特徴

中小企業用廉価ライセンス
セキュリティに多額の投資を行えない中小企業向けに、AppGuardのコア技術はそのままに、経済的な負担を極力軽くしご利用頂く為、従業員300名までの企業によりお求めやすい価格設定でライセンスを提供します。

標準設定のプリインストール
AppGuard Soloと同水準のポリシーを初期値としてプリセットした事で、導入に掛かるコスト圧縮と期間の短縮が可能となりました。

導入サービスの多様化
導入サービスメニューを簡易な物から従来のフルサービスまで多様化する事で、お客様の費用感に合わせたご提案が可能となります。

AppGuard Small Business Editionは、AppGuard Soloの簡便性とAppGuard Enterpriseの統合管理機能をともに備えた従業員1~300名の中小企業を対象とした製品です。AppGuardは膨大な被害をもたらすマルウェアの被害から事業を守ります。

AppGuard SBE

ライセンス・導入費用につきましては各販売店にお問合せ下さい

AppGuard、AppGuardのロゴ は米国法人AppGuard, Inc. 、または株式会社Blue Planet-works及びその関連会社の、米国、日本またはその他の国における登録商標、または、商標です。
その他すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。
製品の仕様と価格は、都合により予告なしに変更することがあります。 本文書の記載内容は、2018年8月現在のものです。

HOMEへ戻る